« 自己紹介その二 | トップページ | 寒いですねえ »

映画「パラダイス・ナウ」

今日は、恵比寿で映画Photo。 パレスチナの若者二人が自爆テロに向かうまでの物語。なぜ自爆テロをするのか、という難しい命題を、パレスチナに暮らす若者の目や人生をとおして、淡々とだけど見る者に切々と訴えかける、とても心に染み入る作品。しかも、決して自爆テロを正当化しようとはしてない演出は見逃せない。人が大事にすべきものは何か、殺すことで平和が訪れるのか、を問かける姿勢も素晴らしい、早くも今年一番の作品を見てしまった気がする衝撃作でした。

 たしかに、プロパガンダの強いのは否めないし、演出もまだ甘い、構成がうまくないところもある作品ですけど、見終わって受けるショックは、そんな欠点を払拭してしまいます。東京では、恵比寿の東京写真美術館と渋谷のアップリンクくらいですけど、いろんな人に見てほしい、見終わったあとにいろんな意見を聞いてみたい、そんな映画でした。

 見終わったあとに、麦酒博物館で200円のビールでのどをうるおしました。ここのビールは最高です!。恵比寿ガーデンプレイスに行かれた方は、ぜひ、お試しあれ。

|

« 自己紹介その二 | トップページ | 寒いですねえ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画「パラダイス・ナウ」の公式ホームページ

投稿: パラダイス・ナウ | 2007年3月17日 (土) 05時47分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「パラダイス・ナウ」:

« 自己紹介その二 | トップページ | 寒いですねえ »