« 満開の桜の下では | トップページ | ネパールカレー屋さん「マナカマナ」 »

映画「今宵、フィッツジェラルド劇場で」

今日が最後になったラジオのカントリーソング番組の出演者たちの悲喜コモゴモな人生哀歌。ベテランのカントリーシンガーたちが最後の舞台に立つことによる哀愁と人間味あふれるユーモアが、この作品の最大の見どころ。

Mealmuji1

登場人物それぞれの心のヒダが、舞台裏やステージ上で皮肉をこめながらも、ときに悲しく、ときに笑い、そして優しく表現しようとするアルトマン監督の見事な群衆演出にあらためて感動させられました。まさしく、亡きアルトマン監督のラスト・ショーのような、監督の個性がスクリーンいっぱいに表れていたのです。もうこの名監督の作品が見られなくなることの悲しさもあって、心に染み入る逸品です。

ロバート・アルトマン監督は、一作おきに駄作と好編がくる、と作品にムラがある監督さんでしたけど、アルトマン独特の個性がはまった作品は、本当にどれも素晴らしかった。「ナッシュビル」「マッシュ!」「ウェディング」「ザ・プレイヤー」「ショートカッツ」....。

アルトマン監督の名作と呼ばれるものは、どれも群集劇。それほど脚本の構成がしっかりしている、というわけでもないのに、それぞれの登場人物がしっかりと描かれていて、どれも面白い個性が光っているように見えるのは、ひとえにアルトマン監督の演出の技量以外のなにものでもないと、私は思っています。もう、こんな映画撮る人は、そうは出てこないでしょうねぇ...。

今度、日をあらためて、ブログにアルトマン賛歌のようなものを書いてみたいと思います。

さて、この「今宵、フィッツジェラルド劇場で」は、銀座で見たのですが、銀座で映画を見た帰りにちょっと休憩、でお勧めなのが

Mealmuji2

有楽町駅前のビックカメラ新館の二階、無印良品の売り場内にある、「MealMUJI」(昔、リニューアル工事中の日比谷宝塚劇場の代替の劇場だったときもありましたねえ)

コーヒーや紅茶、中国茶がお安く飲めるし、焼きたてのパンにおいしい軽食も豊富。ひとりで入るのも、子どもづれの家族でも、カップルでも楽しめますよ。場所が広いのですが、おすすめのテーブルは、入って一番右奥の壁際の席ですかね。シートが柔らかいのと、深く座れてテーブルも大きいから、見た映画のプログラムをじっくり読むのに最適ではなかろーか、なんてね。

ちょっと、今日はパンを食べすぎたかな

|

« 満開の桜の下では | トップページ | ネパールカレー屋さん「マナカマナ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「今宵、フィッツジェラルド劇場で」:

« 満開の桜の下では | トップページ | ネパールカレー屋さん「マナカマナ」 »