« 久美子さんのステージ | トップページ | 何か他にいろいろありすぎて... »

いかなごの「くぎ煮」がおいしい季節

Kugini 春は食べ物が美味しくなってくる季節。そんなわけで、いつものように、実家の母から、

いかなごで作った「くぎ煮」が送られてきました。

ごはんにまぶして食べると、何杯でもいけちゃう!という、美味しさ!

あっ、知らないですよねえ。実は、「くぎ煮」というのは兵庫の明石で生まれた、関西独特の食文化なのです。

この季節になると、明石の沖合いで「いかなご」という小さい魚が大量に獲れます。それを、砂糖としょうゆ、みりんに、しょうがや山椒などで味付けして煮込むと、おいしい「くぎ煮」ができるのです。

ですから、ずいぶん前までは明石の人や神戸の人しか知らない食文化だったのですが、今は大阪のスーパーでも、「いかなご」が1キロ1000円で売られるようになってから、関西全般にも知られるようになりました。ただ、保存の関係もあるのか、他の地域では売られておらず、いまだ関西独自の食文化のようです。

Kugniikanago その「くぎ煮」に今年は異変がありました。と、言うのは、今年の冬の海が温かくなっていたため、いつもより「いかなご」が成長してしまい、獲れる量が減ってしまったようなのです。そのために「いかなご」の値段が高騰して、今年、関西で「くぎ煮」を作る家庭はめっきり減ってしまったそうです。

確かに、今年のいかなご君、一匹一匹が大きいのですよねえ。ちょっと不気味かな。でも、美味しいのに変わりはなかったですね。

ちなみに、大阪のデパートで「くぎ煮」は500グラムで2000円以上するようです。母には感謝ですね。

|

« 久美子さんのステージ | トップページ | 何か他にいろいろありすぎて... »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いかなごの「くぎ煮」がおいしい季節:

« 久美子さんのステージ | トップページ | 何か他にいろいろありすぎて... »