« 映画「あしたの私のつくり方」(少しネタバレ) | トップページ | 東京ミッドタウン »

ノックさんの貢献度

GW期間中のニュースで、私の琴線に触れたのは、横山ノックさんの死去でした。

新聞の一般紙でも報道されたように、国会議員として、大阪府知事として、そしてセクハラを社会の悪として定着させたこと、など、割りに社会的な影響度が強い人、というような報道を東京ではされていました。

しかし、大阪の芸人さんが惜しんでいるように、芸人ノックさんとしての貢献度の高さははかりしれないものがあったのです。

Nocksan

特に、大阪のテレビ番組づくりに関しては素晴らしいものがあった、と今でも思っています。

40歳代以上で、大阪で暮らした経験のある方なら、「ラブ・アタック」や「ノックは無用」など、大阪のバラエティ番組で活躍していたノックさんの姿を記憶されているはず。

当時は、上岡龍太郎さんなどと組んで番組MCを担当されることが多かったのですが、その番組の明るさ、魅力を一手に引き受けられるだけの度量が、ノックさんにはありました。だから、大阪のテレビ・バラエティに、ノックさんは欠かせないと思われた時期もあったのです。

今の鶴瓶のテレビで見せる芸は、どちらかと言うと、ノックさんに近い感じがする、それくらいノックさんは影響力があった、と言うと、ノックさんの貢献度について理解していただけるでしょうか。

そんなノックさんだったのですから、芸能界への復帰はテレビでありたかった、というのは当然だったと思います。ただ、それが許されなかったのは、自業自得だったこともノックさんは身に染みてわかっていたはず。だから、以前に付き合いがあったテレビプロデューサーともあまり連絡をとらず、今回のようにひっそりと亡くなったのは仕方なかったと言えるでしょう。

大阪の芸人さんたちは、大きなところでノックさんを送る会を予定しているとのこと。それは、大好きなノックさんへ、と言うより、芸人がテレビの中心になる道しるべをノックさんが作ったことへの感謝の気持ちによるもののように思われます。

ノックさんのために、天国にもテレビがあれば、と思えてなりません。

|

« 映画「あしたの私のつくり方」(少しネタバレ) | トップページ | 東京ミッドタウン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノックさんの貢献度:

« 映画「あしたの私のつくり方」(少しネタバレ) | トップページ | 東京ミッドタウン »