映画「あしたの私のつくり方」(少しネタバレ)

ネタバレと言っても、全部読んでいただいても、どんなふうに物語が展開するかは想像つかないとは思います。

いじめにあって転校していった同級生を励ますつもりで、メールで物語を送り続ける14才くらいの女の子の物語。

Ashita この作品の奇妙なところは、登場人物に個性が感じられないことです。逆に言うと、個性などあってはならない子どもたちの世界を描いたからこそ、個性など存在するべきでない、と言いたげな珍しい作品なのです。

だから、物語の進行はナレーションが中心とした心理描写が多いのですが、その場合、映画を見ている者はナレーションがうるさく感じがちになるのに、そうはならない、そこがこの作品の面白いところであり、衝撃的なところでした。

この作品に登場する女の子たちは、常に自分でない誰かになっている、または誰かに頼って生きています。そうしなければ、学校でいじめにあい、家族がうまくいかない。「私はかすがいになる」や「自分を隠す」など、映画の前半は子どもとは思えないセリフがいくつも出てくるので、見ている者は衝撃をおぼえるのです。

ところが主人公が、以前にいじめられていた同級生に自分を隠して物語のメールを打ち続けるあたりから、映画の物語もそのメールの物語同様の面白さに溢れてきます。このあたりのストーリーテリングのうまさは、さすがに監督市川準ならではと唸らされました。繊細に少女たちの行動、そして表情をさりげなくとらえていくカメラの動きが本当に素晴らしい。

後半、物語のメールを送る側、受け取る側のお互いの少女が他人を演じるのではなく、自分でありつづけたいと思うようになります。しかし、スクリーンの外側から見ている、私たち大人たちはそうしようとする女の子たちに不安をおぼえてきます。それは、大人になるにつれて、自分とは何かに迷うことを我々は知っているから。

監督はあからさまに、そんなメッセージを演出の中に残しません。しかし、観客はそれをゆるやかに感じるのです。映画は静かに終わるのですが、登場した少女たちの物語はこれから、というところが、切なくなってきました。

この作品は、少女たちの世界を描いて見せながら、実は現代社会の歪みの中で暮らす、没個性な一般人そのものまでもとらえている点でも、とても興味深いものがあります。大人がこの少女たちの世界を、怖いと言っているようでは駄目、と言いたげな市川監督のニヤリとした顔が目に浮かんできそうになりました。

それにしても、成海漓子というかわいい女優さん、なかなかの大物ですよ。

この娘を見に行くだけでも、お金払って映画館に行く価値はあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画「ロッキー・ザ・ファイナル」

最近、歯を磨いたあとのうがいで、水が歯茎に染みて痛さを感じるたびに、クリント・イーストウッドの「スペース・カウボーイズ」の最初の部分で、歳よりも若いことを強調するかのように、固い氷をボリボリ食べるイーストウッドの姿を思い浮かべて、「俺のほうが歳とるのが速いみたいだなあ」なんてつぶやいしてしまう、のですが、

この「ロッキー・ザ・ファイナル」は、その固い氷を食べるようなことを、後半の大部分に費やした、ある意味、贅沢なエンタテイメントです。

もう50を越えた往年のヘビー級王者ロッキーバルボアが、夢を求めてもう一度リングへとあがる物語。いかにもアメリカ映画らしいトゥルー・オブ・ドリーム話で、

ノスタルジー丸出し、しかも落としどころが死んだ妻などに捧げる家族愛など、いい加減、使い古されたストーリーと鼻白むような演出の数々なのに、ボクシングのためのトレーニングや試合になると、観客は客席から身をのりだし、最後には感動の渦に巻き込まれるのは、まさに生粋のエンタテイナーであるスタローンの魅力とそんな映画が撮れる腕によるところが大きいのですよ

以前からそうですが、スタローンが製作する映画には、難しいことなど言わせない、映画本来の魅力に満ち溢れているのが素晴らしいところ。それは昔のクロスビーやアステアのミュージカルのように、定番の内容なれどついつい映画館に足を運ばせる、エンタテイメントを常にスタローンは提供し続けているからなのです。

そういう映画というのは、評論家連中や芸術家肌の映画鑑賞眼をもった人には、バカにされやすいものです。でも、思い出してみてください。日本でも映画が娯楽の中心だったころ、毎度おなじみの筋立ての「若大将シリーズ」や「無責任シリーズ」に多くの人たちが熱狂していたではないですか!!。

この作品でも、今までのロッキーシリーズと同じようなのですが、それでもさわやかに、そして楽しい気分で見終わることができる。このせちがらい世の中で、そんな体験ができたのは貴重だったなあ、と私は感慨深いものがありました。

ですから、とやかく言うのはヤボというもの。エンタテイメントを素直に認めない者は映画を見る資格はない、との個人的な意見もあってなのですけど、この作品に出会ったことへの喜びが今も心に染み渡っています。

Rocky

ロッキーのような映画を見たあとに、興奮した心を落ち着かせるのは、お香が一番、なんてね。年寄りかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

映画「クイーン」(少しネタバレあり)

ネタバレあり、て言っても、事実あったことがもとなので、とっくにネタはバレてるのですけど(笑)

ダイアナ妃が事故死してから1週間の間のエリザベス女王と王室の様子を描いた作品。

フリアーズ監督の徹底したリアリズムによる演出によって、当時、発足したばかりの労働党ブレア政権と王室との微妙な距離間や、世論の動向を見誤ったがために窮地に追い込まれて苦悩する女王と王室の人々の姿が見事に描かれていて、見ていくうちにどんどんスクリーンに引き込まれていきました。

この作品の演出のポイントとなっているのは威厳とプライドの行方です。威厳こそが国民のためのイギリス王室である、と思いを大切にしようとしたがために、ダイアナの事故死から時が経つにつれて国民の信頼を損ない、プライドが崩れていく、その様子が王室内部と政府側の両方の視点からゆるぎなく描かれていることが、この作品の質を高みへと導いています。

Queen その威厳が描かれているシーンが、大鹿を目の前にした女王の姿でした。その鹿の美しさに涙をし、後にその鹿が王室の家族たちの手によって撃たれたことで女王がうけた衝撃は、まさしく王室の威厳が崩れ行く様そのものであり、イギリスが序々に王室のものではなくなっていることを現していて、王室の深部へも鋭く切り込むような、画期的な演出に思えました。ややフランクすぎる王室内の会話や、ダイアナの存在の大きさが描ききれてないのには、やや不満が残りますが、誰もが知る史実の内側に入り込んだこの作品は、今後の実話もの映画の指針になった意味でも、ここ数年の映画界の中で重要な位置を占めたと、私は思っています

そして、何よりこの作品の軸となったのは、言うまでもなくこの作品でアカデミー賞主演女優賞をゲットした、女王役のヘレン・ミレンの演技です。

威厳があるのにどこかナイーブな、どこにでもいるような女らしい一面を併せ持つ女王の真実(かもしれない)姿を見事に演じきっているのは、特筆すべきでしょう。

それにしても、こんな作品が造られるイギリスて、すごいですわ。日本じゃ考えられない。雅子様をモチーフにした映画なんて、百年経ってもできそうにないですものねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「絶対の愛」

彼の愛を取り戻そうと思い、整形をしたばっかりに思わぬ運命のいたずらに巻き込まれる。

Zettai1 前半に出てくる「いつも同じ顔でつまらないでしょ」「人は皆おなじ」という台詞が物語の進行とともに、恐ろしく、虚しく思えてくる、ちょっと精神的なホラー映画を見ているような気分になってくる作品。

ただ、ちょっと登場人物がすべて自分勝手すぎるところが気になりました。ポテンシャルの高い映画をつくり続けているキム・ギドクにしては、今回はキャラクターの創り込みが甘い、という印象が残りました。キム・ギドクファンにとっては、ちょっと消化不良でしたねえ。

ただ、キム・ギドクらしい人間をぎりぎりまで追い詰めていく、凄みある演出は、今回も健在。見る者の心にぐさりと突き刺さるような衝撃を与えています。整形は顔は変えても、心は変えられない。人は心で繋がっていることを心底実感させられた、問題作だとは感じました。

私は、キム・ギドク映画の大ファン!。でも、この方の作品は、演出が強烈すぎて受け入れられない、という人も大勢います。ですから、なかなかおすすめするのは難しいのですが、この「絶対の愛」よりは前作、前々作の「弓」や「うつせみ」のほうが、内容は上でしたね。特に、「弓」の衝撃は、見たあとに興奮が冷めないくらいでした。それについては、またキム・ギドクの作品の話をすることもあろうかと思いますので、そのときにでも。

さて、この作品は、渋谷の円山町のラブホテル街の中にあるユーロスペースで見たのですが、ここで映画を見たあとには、その一階にある喫茶店、夜はパブになるみたいですが、

Zettai2_1 「プロローグ」というお店で休憩するのがいいて゜しょう。ちゃんとした喫茶店なのにもかかわらず、コーヒーが300円という良心的なお値段!!。お客さんの質も割りにいいので、渋谷東急本店に行かれた方もおすすめしたい、喫茶店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「アルゼンチンババア」

母を失った途端、父までも失踪してしまった娘が、けなげに生きようとしているところに、突然アルゼンチンババアと呼ばれる変人ばあさんに父が囚われてることから大きく運命が変わる話。

Arzentin1 思春期の女子高生が両親がいないなかでも成長していく姿が美しい。キャストも堀北真希、鈴木京香、役所広司、森下愛子と多彩なのもいい。

ただ、キャストどおりに個性的なキャラクターばかりなのに、映画の中ではじけてないし、生かされていないように見えたのが大きな欠点でした。

では、どうして生かされていないのか。これは私が映画を見つつ感じていたことなのですが、登場人物に物語がないことが、その要因のように思います。

この映画は、どの登場人物が主人公なのか。それは、堀北真希ふんする女子高生の娘ではあるのですが、描く中心は、鈴木京香のアルゼンチンババアか、女子高生の父の役所広司であり、その生き方や人生を女子高生が見て大人への成長の糧とする、というのが、この映画にとって一番いい構成方法だと思ったのですが、その肝心なアルゼンチンババアと父親が描けてない、二人の人生や物語が作品の中になかったのです。

他のキャラも面白い、たとえば森下愛子の叔母さん役なんて、どこかいい加減なのに人に対しての気遣いが繊細、という特徴あるキャラなのに、映画の中で全然生きてこない。

ちょっと登場人物の感情とか心を描くのに、脚本や演出がとらわれすぎてしまったんじゃないでしょうか。正直、期待はずれの出来でした。

アルゼンチンババアの家に、かわいいネコがいっぱい、というところは気に入ってますけど。

あまりいい映画でなかったとき、私はすぐに帰って家の中で食事をします。

Arzentin2

食後のデコポン、美味しかったなあ。

そろそろオレンジ系が美味しい季節になってきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

映画「ラストキング・オブ・スコットランド」

70年代、ウガンダに君臨したアミン大統領を、側近のスコットランド人医師の視点からとらえた物語。

Last1 最初はヒーローに見えたアミンが、次第に残忍性をおび、ついには誰も信用できない孤独な独裁者になっていく姿に、観客さえも恐怖を感じる、リアリティあふれる作品。

事実は、側近のスコットランド人医師などいなかったようだけど、本当にいたように思わせるくらい、アミンの残忍性に飲み込まれていく側近が、見る者に、みじめで痛々しく感じさせたのも、監督の演出の力が大きい。事実とフィクションをうまくおりまぜた構成も見事!なものでした。

それは、原作に順ずる形で製作されたからなのですが、もしアミン大統領だけを描こうと思うのなら、特にフィクションの存在に重きをおく必要はなかったはずです。それでも、原作と同じように、作品全体のストーリーテラーのような形でもあり、アミンの存在を浮き彫りにさせる意味で、あえてフィクションであるスコットランド人医師を登場させたのは、実は、アミン大統領のウガンダにおけるイギリスという国家の重要性を見せようとしたからではないかと思います。

ヨーロッパ列強がアフリカに進出してから、アフリカ各国はヨーロッパへの資源のための草刈場のような扱いをうけてきました。それが戦後になってもなおつづき、自国のためなら手段を選ばない、介入を繰り返していたのです(それはアメリカがベトナムやイラクへ介入していったのとまったく同じ理由でしょう)。そんなイギリスの理不尽さを、あえてフィクションの存在をおいて、そちらを浮き彫りにしよう、としたのように思います。また、そのスコットランド人医師の、ちょっと軽い言動や行動というのも、イギリスの国家そのものがアフリカの国のことなど、たいして重要と考えてないことの象徴のようにも見えました。

そう考えると、この作品、とても示唆にあふれている、見方によって面白い解釈ができるのではないかと思うのです。その意味では、政治家の人に、ぜひ見てほしいですね。

また、アミンのカリスマ性と残忍性をうまく演じたフォレスト・ウィテカーの演技も見事!アカデミー賞も当然といったものでした。こんな見どころの多い作品、見逃すべきではないでしょう。

さて、この作品は有楽町で見たのですが、有楽町の駅前の交通会館には、さまざまな食べどころがあって、おすすめがいろいろあるのですが、中でも、

Last2

北海道のアンテナショップで売っている、夕張メロン・ソフトクリームはめちゃめちゃおすすめです。

なんともいえない甘さがいいのですよねー。ただ、アイスを食べるには今日は寒かったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「今宵、フィッツジェラルド劇場で」

今日が最後になったラジオのカントリーソング番組の出演者たちの悲喜コモゴモな人生哀歌。ベテランのカントリーシンガーたちが最後の舞台に立つことによる哀愁と人間味あふれるユーモアが、この作品の最大の見どころ。

Mealmuji1

登場人物それぞれの心のヒダが、舞台裏やステージ上で皮肉をこめながらも、ときに悲しく、ときに笑い、そして優しく表現しようとするアルトマン監督の見事な群衆演出にあらためて感動させられました。まさしく、亡きアルトマン監督のラスト・ショーのような、監督の個性がスクリーンいっぱいに表れていたのです。もうこの名監督の作品が見られなくなることの悲しさもあって、心に染み入る逸品です。

ロバート・アルトマン監督は、一作おきに駄作と好編がくる、と作品にムラがある監督さんでしたけど、アルトマン独特の個性がはまった作品は、本当にどれも素晴らしかった。「ナッシュビル」「マッシュ!」「ウェディング」「ザ・プレイヤー」「ショートカッツ」....。

アルトマン監督の名作と呼ばれるものは、どれも群集劇。それほど脚本の構成がしっかりしている、というわけでもないのに、それぞれの登場人物がしっかりと描かれていて、どれも面白い個性が光っているように見えるのは、ひとえにアルトマン監督の演出の技量以外のなにものでもないと、私は思っています。もう、こんな映画撮る人は、そうは出てこないでしょうねぇ...。

今度、日をあらためて、ブログにアルトマン賛歌のようなものを書いてみたいと思います。

さて、この「今宵、フィッツジェラルド劇場で」は、銀座で見たのですが、銀座で映画を見た帰りにちょっと休憩、でお勧めなのが

Mealmuji2

有楽町駅前のビックカメラ新館の二階、無印良品の売り場内にある、「MealMUJI」(昔、リニューアル工事中の日比谷宝塚劇場の代替の劇場だったときもありましたねえ)

コーヒーや紅茶、中国茶がお安く飲めるし、焼きたてのパンにおいしい軽食も豊富。ひとりで入るのも、子どもづれの家族でも、カップルでも楽しめますよ。場所が広いのですが、おすすめのテーブルは、入って一番右奥の壁際の席ですかね。シートが柔らかいのと、深く座れてテーブルも大きいから、見た映画のプログラムをじっくり読むのに最適ではなかろーか、なんてね。

ちょっと、今日はパンを食べすぎたかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼、植木等

私が植木等と出会ったのは、六歳のときにいった、大阪・梅田コマ劇場の「クレージーキャッツ・ショー」でした。ギャグだけの連発の吉本新喜劇と違って、しっかりとした喜劇舞台の中でギャグがちりばめられる芝居と、ギャグ満載の音楽ショーが続いた三時間あまりのショーに腹を抱えて笑ったことで、すっかり植木等のファンになった私は、テレビの「シャボン玉ホリデー」や「大人の漫画」だけでなく、映画も見まくりました。

Uekisan

映画では、どちらかと言うとサラリーマン主体の「無責任シリーズ」が評価されているようですが、私は、泥棒になったり悪人退治に向かったりする、「クレージーシリーズ」が好きでした。特に、洋画「黄金の七人」を下敷きにした、軽妙でスタイリッシュなドタバタ喜劇を見せたときは、映画館でひっくり返って笑い、植木等の軽妙な演技に感心したものでした。

映画が斜陽になり、「シャボン玉ホリデー」が終わったあと、植木等は性格俳優を目指します。テレビ・ドラマでの演技が多かったのですが、私が好きだったのは「名古屋嫁とり物語シリーズ」という内容だった二時間ドラマのシリーズもので、頑固なオヤジを演じたものでした。三重出身の植木等にとって、名古屋の親父を演じるのは自分の父親を演じるような感じだったのか、持ち前の軽妙さに加えて生真面目さを前面に押し出してみせていて、植木自身を出していた演技は、とても面白く感じたものです。

植木等の父親は、国家権力に反抗し、部落解放に心血を注いだと言います。植木等は、そんな父親を尊敬していたことで、本人自身は生真面目な性格だったようでした。あの名曲「スーダラ節」を歌う前も、「こんなひどい唄は歌えない」と怒りまくっていたそうです。でも、父親からの説得もあり、歌うことを決めて以降は、植木等の人気もキャラクターも決定づけるものとなったのですから、人生は面白いものだと思います。

もう、植木等のようなスタイリッシュで軽妙な喜劇人は出ないでしょう。ご冥福を心より祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「パラダイス・ナウ」

今日は、恵比寿で映画Photo。 パレスチナの若者二人が自爆テロに向かうまでの物語。なぜ自爆テロをするのか、という難しい命題を、パレスチナに暮らす若者の目や人生をとおして、淡々とだけど見る者に切々と訴えかける、とても心に染み入る作品。しかも、決して自爆テロを正当化しようとはしてない演出は見逃せない。人が大事にすべきものは何か、殺すことで平和が訪れるのか、を問かける姿勢も素晴らしい、早くも今年一番の作品を見てしまった気がする衝撃作でした。

 たしかに、プロパガンダの強いのは否めないし、演出もまだ甘い、構成がうまくないところもある作品ですけど、見終わって受けるショックは、そんな欠点を払拭してしまいます。東京では、恵比寿の東京写真美術館と渋谷のアップリンクくらいですけど、いろんな人に見てほしい、見終わったあとにいろんな意見を聞いてみたい、そんな映画でした。

 見終わったあとに、麦酒博物館で200円のビールでのどをうるおしました。ここのビールは最高です!。恵比寿ガーデンプレイスに行かれた方は、ぜひ、お試しあれ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

自己紹介その二

今度は単なる自慢です。私、Photo 写真にあるとおり、映画検定1級者です。

でも、詳しいていうだけで、単なるオタク、です。まあ、映画オタクなんて珍しいものではないですよね。変人、というわけではないので、どうか普通にお付き合いください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)